職人が現場の状況をリアルタイムに報告するためのツールをリリース致しました。

従来、メンテナンス工事の現場では、デジタルカメラの写真画像ファイルをメールに添付して状況報告をしたり、プリントアウトした写真を書類に添付して郵送やFAXするなど、様々な書式で報告業務が行われてきました。こうした報告フォーマットが統一されていない状況において、工事を管理する工務店側に、煩雑な事務作業が発生していました。

当社の現場報告ツールは、こうした煩雑な現場報告業務をスマートフォンのカメラを用いた写真画像と統一のWEBインターフェースを用いることで、効率化し、職人からのリアルタイムな現場報告を実現致しました。

工務店や工事の発注主である不動産オーナーや管理会社も、リアルタイムに建物の状況を把握することができるようになり、また現場報告を行う職人もスマートフォンから簡単に現場報告をすることができるようになります。

今後、事業提携先である株式会社JMへのライセンス提供から開始し、様々なメンテナンス事業者にツールの提供を図ってまいります。