当社では、建物メンテナンス情報のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の一環として、デジタルツイン(Degital Twin)をコンセプトとしたAR技術の活用、先端機器との連携にも取り組んでいます。

次世代の建物メンテナンス、不動産サービスにおけるイノベーション創出に向け、 最先端の技術と現場の経験ノウハウを融合したサービス作りを行っております。2次元ではなく3次元でのメンテナンス履歴の蓄積、メンテナンス業務の支援、建物カルテの提供に向けた開発を行っています。

AR活用事例の紹介

  • 3Dモデルの作成 平面検出・平面認識
  • マスキングテープのAR化(タグ、ピン打ち)
  • AR上での3D位置情報付の写真
  • スマートグラス・ARグラス活用事例の紹介

    Microsft Hololens,HTC Vive,Nreal lightなど様々なグラスツールが販売されており、建物メンテナンスで活用する対応アプリケーション開発を行っています。

  • AR情報の遠隔共有
  • 3Dモデル、ピン情報の共有
  • 【参考情報】ARスマートグラス スペック比較表(2020年6月版)を公開しました

    MRグラス ARを活用した遠隔リモート支援動画

    AR空間情報をそのまま共有することができます。また説明書や必要なモデルデータを現場へ提供するこも可能になります

    Nreal社様に本取組み事例紹介いただきました

    画像認識・機械学習によるAI開発事例の紹介

  • クロス画像など資材型番の自動認識
  • 部屋間取りサイズの自動認識
  • 部屋種別の自動認識
  • 必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須お問い合わせ内容