BPMとRe-Tech RaaSが業務提携

BPM株式会社(代表取締役社長:桐原康輔)は、株式会社Re-Tech RaaS(代表取締役社長:田子大輔)と、建物メンテナンス業務管理クラウドサービス「Qosmos」と同社のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソリューション「ラクテック」とを組み合わせ、不動産管理業の基幹システムとの連携性を高めるパッケージの共同開発を行うなどの業務提携に合意しました。

■業務提携の背景
建物メンテナンス(点検、補修等の管理)業務のデジタルトランスフォーメーションを進めるにあたり課題となるのが、不動産管理会社と協力会社である工務店・施工会社との、企業を超えたタイムリーな情報共有をいかに進めるかという点です。
多くの企業が採用するオンプレミス型基幹システムは、社外協力会社も含めた業務フローを想定していないため、対社外では電話やFAX、メールなどによる非効率なオペレーションが依然として残っています。
本提携では、当社の「Qosmos」の施工管理情報を基幹システムと連携させ、多層の請負関係を持つ不動産業界にあっても、一つの企業のようにシームレスに情報を伝達・蓄積・再利用できる仕組みを整え、管理業務の効率化、情報の質向上などを実現させていきます。

■業務提携の内容
(1)「Qosmos」+「ラクテック」による、クラウド施工管理システムと 他の不動産管理業務システムとの連携パッケージの共同開発
(2)互いに販売代理店として、得意分野を活かしつつサービスの共同提案、クロスセル等を実施

【株式会社Re-Tech RaaSについて】
デザイナーズマンションの賃貸管理事業を中心に様々な事業を展開する 株式会社AMBITION(マザーズ上場、代表取締役社長: 清水剛)と、RPAの先端テクノロジーを保有し、これまでに1,500社を超える企業への導入実績を有する RPA テクノロジーズ株式会社(代表取締役 執行役員社長:大角暢之)との合弁会社として2019年7月設立。
AMBITION社の現場ノウハウと、RPA テクノロジーズ社のIT技術の融合により、不動産業界における「働き方改革」の実現を目指して、業務効率化・改善ソリューションを企画開発している。RPAテクノロジーズ社の「BizRobo!」をベースとし、入金登録、解約処理、原状回復、空室状況登録など、様々な業務フローに対応したRPAソリューション「ラクテック」を提供。他汎用パッケージの提案だけでなく、業務に即応した設計力に強みを持つ。

本社:東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル18F
代表取締役:田子 大輔
代表電話番号:03-6864-3300
URL:https://www.retechraas.com/
事業内容:ロボットアウトソーシング事業、AI事業等

【BPM株式会社について】
2011年に創業以来、建物メンテナンスの施工管理やリノベーション、不動産管理会社向けのコンサルティングなどを行う。2017年からは、これらの業務で培ってきた知見やノウハウを活かし、建物メンテナンスの改善・効率化を目的とした、建物メンテナンス業務管理クラウドサービス「Qosmos」の開発を行っている。
発注者(元請け)と受注者(下請け)が企業の壁を超えてつながることで、企業間での調整・確認コストをほぼゼロにするソリューションとして、建物メンテナンスの現場への普及を図っている。

本社:東京都千代田区麹町4-8-1 THE MOCK-UP BY PORTAL POINT 101
代表取締役:桐原 康輔
代表電話番号:03-6265-7233
URL:https://bpm-gr.co.jp/
事業内容:建物メンテナンス業務管理システム「Qosmos」の開発・販売・運用、建物メンテナンス業務コンサルティング、職人コンシェルジュ(コンタクトセンター)

■本件に関するお問い合わせ
BPM株式会社 担当:坂本 info@bpm-gr.co.jp